離婚 手続き

離婚調停の陳述書とは/離婚 手続き

  1. かん法律事務所 >
  2. 離婚 手続き
離婚 手続きに関する基礎知識記事や事例
  • 離婚調停の陳述書とは離婚調停の陳述書とは

    離婚調停においては、調停委員に陳述書を提出することが可能です。 「離婚調停で自分の意見を十分に伝えられるか不安だ」 「離婚調停の申立書と陳述書は違うの?」 こうした疑問は、多くの方が持たれるもの...

  • 協議離婚協議離婚

    協議離婚とは、夫婦が協議して合意の上で離婚することをいいます。 協議離婚は、離婚届を記入して双方が署名捺印し、未成年の子供がいる場合は親権者の名前を記入した上で、市町村役場(日本国内であれば、...

  • 相手の借金を理由に離婚はできるか相手の借金を理由に離婚はできるか

    ■離婚をするには 離婚をするには、いくつかの方法があります。ほとんどの夫婦は、話し合いによる「協議離婚」を選択しますが、話し合いがうまくいかない場合には、「調停離婚」や「裁判離婚」等の方法でも離...

  • 離婚の種類と手続き離婚の種類と手続き

    離婚の種類は6つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご紹介しましょう。 ①協議離婚 夫婦が話し合いに合意し、離婚届を提出すれば成立します。お互いに合意していれば、どんな理由で離婚してもかまいま...

  • 裁判離婚裁判離婚

    離婚問題を調停で解決できない場合には、家庭裁判所に訴状を出し、離婚裁判を起こすことになります。調停を経ずに裁判を行うことはできません(調停前置主義)。 裁判を起こすにあたって、民法に定めのある...

  • 民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?

    「離婚時に養育費の支払いを取り決めたのに、その後支払いが途切れてしまった…」 「養育費が支払われず、生活に不安がつきまとう毎日になってしまった…」 このように、養育費の支払いがなされないことによ...

  • 離婚手続きの流れ離婚手続きの流れ

    「離婚を検討しているが、どのような手続きを踏めばよいのかがわからない」 「父親として親権をえたいが、離婚の流れがイメージできないために、相談することをためらっている」 こうしたお声は、離婚でお悩...

  • 子供の養育費子供の養育費

    未成年の子どもを世話して育てるのは、父母それぞれの義務であり、それにかかる費用(=養育費)もまた、2親が負担します。子供が成人するまで、養育費の義務はあります。「負担しない」という選択は、どちら...

  • 国際離婚国際離婚

    国際離婚は複雑なトラブルとなることが多く、特に親権の問題で揉めることが多くあります。 国際離婚による親権の問題で有名なものは「ハーグ条約」に関する問題です。以前までの日本は、ハーグ条約を締結し...

  • 離婚で持ち家を財産分与する際の手続き方法離婚で持ち家を財産分与する際の手続き方法

    離婚を成立させる際、ほとんどの場合において行われるのが「財産分与」です。 財産分与とは、婚姻生活中にご夫婦が協力して築いた財産を、離婚の際に分配することを指します。 財産といっても、預貯金や貴重...

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚回避

    離婚回避

    結婚生活を続けていると多少のすれ違いや喧嘩はつきものですが、配偶者...

  • 遺言の作成

    遺言の作成

    遺言は満15歳以上で、意思能力があれば誰でも作成することができます...

  • ヤミ金(闇金)取り立て対応を弁護士に依頼するメリット

    ヤミ金(闇...

    ヤミ金とは、国や都道府県に貸金業登録を行っていない貸金業者、または...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    離婚をするときに起きる大きな問題の1つが、お金についての問題です。...

  • 遺言の執行

    遺言の執行

    遺言の執行とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなど...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄の...

    相続するかしないかは、相続人自身が決めることができます。そして、相...

  • 相続法(民法)改正の変更点

    相続法(民...

    平成30年に相続法が大きく改正されました。この改正により変更された...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚の種類は6つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご紹介しましょ...

  • 代襲相続

    代襲相続

    「代襲相続」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 代襲相続と...

ページトップへ