配偶者 居住権

相続法(民法)改正の変更点/配偶者 居住権

  1. かん法律事務所 >
  2. 配偶者 居住権
配偶者 居住権に関する基礎知識記事や事例
  • 相続法(民法)改正の変更点相続法(民法)改正の変更点

    平成30年に相続法が大きく改正されました。この改正により変更された点について以下でご紹介します。 ◆配偶者居住権 今回の改正で、相続開始時に被相続人の配偶者が被相続人の所有する建物に居住してい...

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 海外預金のデメリット

    海外預金の...

    海外口座を開設するメリットには様々なものがありますが、その反面、デ...

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求

    遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続...

  • 退職金と年金分割

    退職金と年金分割

    離婚の際に考えておかなければならないこととして、退職金と年金分割の...

  • 相手の借金を理由に離婚はできるか

    相手の借金...

    ■離婚をするには 離婚をするには、いくつかの方法があります。ほとん...

  • 永住者のメリット

    永住者のメリット

    永住権(永住ビザ)を得ると、以下のように様々なメリットがあります。...

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故とは、物のみが壊れ、人がけがをしなかった場合を指します。 ...

  • 遺言の執行

    遺言の執行

    遺言の執行とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなど...

  • 親権

    親権

    親権とは、未成年の子どもを監護、教育、財産管理など、その子どもの親...

  • 遺言の作成

    遺言の作成

    遺言は満15歳以上で、意思能力があれば誰でも作成することができます...

ページトップへ