詐欺 民法

詐欺被害・消費者被害/詐欺 民法

  1. かん法律事務所 >
  2. 詐欺 民法
詐欺 民法に関する基礎知識記事や事例
  • 詐欺被害・消費者被害詐欺被害・消費者被害

    詐欺の手口は、年々巧妙化しており、高齢者だけでなく若年層の被害もあとを絶ちません。 詐欺被害の代表例としては、架空の金融商品や投資商品を被害者に売りつける「金融・投資詐欺」、架空の不正請求や個...

  • 出会い系アプリ詐欺の時効出会い系アプリ詐欺の時効

    出会い系アプリや出会い系サイトはいくつかありますが、サクラしかいない悪質サイト等を利用して詐欺を行う業者は少なくありません。このような出会い系詐欺の被害に遭った場合は、相手方に対して返金を求める...

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 親権

    親権

    親権とは、未成年の子どもを監護、教育、財産管理など、その子どもの親...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄の...

    相続するかしないかは、相続人自身が決めることができます。そして、相...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、人が怪我を負った場合を指します。 人身事故に関して...

  • 神戸市の債務整理はかん法律事務所へ

    神戸市の債...

    ■債務整理とは 債務整理とは、借金(債務)を抱えている方が、少しで...

  • 調停離婚

    調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申し立てにより、家庭裁判所の家事調停によって...

  • 成年後見

    成年後見

    認知症や精神障害などで判断能力が低下した場合、その人が所有している...

  • 教育費

    教育費

    離婚をする際、未成年の子供がいる場合は養育費を決めることが必要にな...

  • 詐欺の時効は何年?

    詐欺の時効...

    詐欺の被害を受けて、加害者に責任をとらせる方法としては、詐欺被害で...

  • 退職金と年金分割

    退職金と年金分割

    離婚の際に考えておかなければならないこととして、退職金と年金分割の...

ページトップへ