交通事故 証明

訪問販売/交通事故 証明

  1. かん法律事務所 >
  2. 交通事故 証明
交通事故 または 証明に関する基礎知識記事や事例
  • 訪問販売訪問販売

    訪問販売とは、販売業者が一方的に消費者の自宅などに訪問し、商品を売る販売方法のことをいいます。化粧品や学習教材などの商品が多く、セールスマンやセールスレディと呼ばれる販売員が玄関先などで商品の説...

  • 慰謝料・損害賠償慰謝料・損害賠償

    交通事故における慰謝料は精神的な損害を賠償するものであるため、被害者ごとに個別に算定しなければなりません。そのため、同じような事故の被害者であっても賠償額が大きく違う場合もあり、その算出は非常に...

  • モラルハラスメント(モラハラ)を理由に離婚するにはモラルハラスメント(モラハラ)を理由に離婚するには

    「配偶者の振る舞いはモラハラにあたるのではないかと悩んでいる」 「モラハラが原因で離婚できるか分からない」 このように、配偶者の振る舞いに悩み、離婚を考えている方も少なくありません。 モラルハラ...

  • 詐欺被害・消費者被害詐欺被害・消費者被害

    詐欺の手口は、年々巧妙化しており、高齢者だけでなく若年層の被害もあとを絶ちません。 詐欺被害の代表例としては、架空の金融商品や投資商品を被害者に売りつける「金融・投資詐欺」、架空の不正請求や個...

  • 慰謝料慰謝料

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的苦痛を受けた場合に、「感情を慰める」ために支払ってもらえるお金のことで、損害賠償の一種です。 離婚の際に必ず支払われると誤解されがちですが、どんな場合...

  • 民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?

    「離婚時に養育費の支払いを取り決めたのに、その後支払いが途切れてしまった…」 「養育費が支払われず、生活に不安がつきまとう毎日になってしまった…」 このように、養育費の支払いがなされないことによ...

  • 遺言遺言

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にしたものが遺言書です。 遺言書には①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3種類があり、遺言者はこのいずれかの方法で遺言...

  • 相手の借金を理由に離婚はできるか相手の借金を理由に離婚はできるか

    ■離婚をするには 離婚をするには、いくつかの方法があります。ほとんどの夫婦は、話し合いによる「協議離婚」を選択しますが、話し合いがうまくいかない場合には、「調停離婚」や「裁判離婚」等の方法でも離...

  • 後遺障害後遺障害

    後遺障害は交通事故における賠償額を決めるうえで大きな影響を及ぼすものです。後遺障害は1から14級までに等級分けされており、その等級分けは症状固定日に残っている後遺障害によって決めるとされています...

  • 物損事故物損事故

    物損事故とは、物のみが壊れ、人がけがをしなかった場合を指します。 事故が起きた当初は怪我がないとされていても、あとから怪我が分かった場合(むちうちなどの症状が後からわかった場合)には物損事故か...

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 後遺障害

    後遺障害

    後遺障害は交通事故における賠償額を決めるうえで大きな影響を及ぼすも...

  • 国際相続

    国際相続

    国際相続とは、海外不動産を所有している場合や、海外口座(海外預金)...

  • 借金・浪費

    借金・浪費

    離婚理由の中で意外と多いのが夫婦のお金の価値観の違いです。それが原...

  • ビザ・在留資格

    ビザ・在留資格

    ビザ申請や在留資格の問題は、外国人が日本に滞在するうえで切っても切...

  • 相続法(民法)改正の変更点

    相続法(民...

    平成30年に相続法が大きく改正されました。この改正により変更された...

  • 退職金と年金分割

    退職金と年金分割

    離婚の際に考えておかなければならないこととして、退職金と年金分割の...

  • 民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?

    民事執行法...

    「離婚時に養育費の支払いを取り決めたのに、その後支払いが途切れてし...

  • 相続人調査

    相続人調査

    「相続人」には、「実際に遺産を相続する人のこと」と「遺産を相続する...

  • 過失割合

    過失割合

    過失割合とは交通事故において、どちらが、どの程度悪いのかを表す基準...

ページトップへ