交通事故 加害者 その後

調停離婚/交通事故 加害者 その後

  1. かん法律事務所 >
  2. 交通事故 加害者 その後
交通事故 または 加害者 または その後に関する基礎知識記事や事例
  • 調停離婚調停離婚

    調停離婚とは、当事者の申し立てにより、家庭裁判所の家事調停によって成立する離婚を言います。 まず、離婚したい場合、夫婦が話し合いで決めます(協議離婚)が、夫婦の話し合いがまとまらない場合や相手...

  • 神戸市の交通事故に強い弁護士をお探しの方神戸市の交通事故に強い弁護士をお探しの方

    交通事故に遭って、ご自身がケガをして治療費がかかったり、車などが壊れて物損が生じたりした場合、加害者に対して損害賠償を請求できます。 賠償金を請求するにあたって、交通事故に強い弁護士に相談するメ...

  • 民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?

    「離婚時に養育費の支払いを取り決めたのに、その後支払いが途切れてしまった…」 「養育費が支払われず、生活に不安がつきまとう毎日になってしまった…」 このように、養育費の支払いがなされないことによ...

  • 慰謝料・損害賠償慰謝料・損害賠償

    交通事故における慰謝料は精神的な損害を賠償するものであるため、被害者ごとに個別に算定しなければなりません。そのため、同じような事故の被害者であっても賠償額が大きく違う場合もあり、その算出は非常に...

  • 精神的苦痛の慰謝料請求精神的苦痛の慰謝料請求

    芸能人の離婚がワイドショーなどで取り上げられる光景は、皆さんも一度は見たことがあるかと思います。 そういったニュースの中でかならず出てくるキーワードが“慰謝料”です。 ここでは、その“慰謝料”が...

  • 死亡事故死亡事故

    死亡事故とは、交通事故によって人が死に至った場合を指します。 死亡事故を起こしてしまった場合には安全運転注意義務違反ということで2点、そして相手に非がない場合では20点、ある場合でも13点減点...

  • 詐欺の時効は何年?詐欺の時効は何年?

    詐欺の被害を受けて、加害者に責任をとらせる方法としては、詐欺被害で取られたお金を取り返すための民事訴訟と、加害者を詐欺罪に問う刑事告訴の2つの方法があります。 被害を受けてから時間が経っているな...

  • 過失割合過失割合

    過失割合とは交通事故において、どちらが、どの程度悪いのかを表す基準であり、この割合に沿って賠償額が決められる(全賠償額のうちの割合となる)ため、過失割合は損害賠償における賠償額を決める上で重要な...

  • 金融・投資詐欺金融・投資詐欺

    金融・投資詐欺とは、金融商品や投資商品を被害者に売りつけ、不当に利益を得る詐欺のことをいいます。支払いを受けたらすぐに加害者は連絡が取れなくなると思われがちですが、数か月程度にわたって還付金など...

  • 慰謝料慰謝料

    慰謝料とは、相手がした行為によって、精神的苦痛を受けた場合に、「感情を慰める」ために支払ってもらえるお金のことで、損害賠償の一種です。 離婚の際に必ず支払われると誤解されがちですが、どんな場合...

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 離婚調停の陳述書とは

    離婚調停の...

    離婚調停においては、調停委員に陳述書を提出することが可能です。 「...

  • 離婚手続きの流れ

    離婚手続きの流れ

    「離婚を検討しているが、どのような手続きを踏めばよいのかがわからな...

  • 相続法(民法)改正の変更点

    相続法(民...

    平成30年に相続法が大きく改正されました。この改正により変更された...

  • 不貞行為

    不貞行為

    不貞行為とは、配偶者以外の者と性的な関係を持つこと、つまり、セック...

  • 出会い系アプリ詐欺の時効

    出会い系ア...

    出会い系アプリや出会い系サイトはいくつかありますが、サクラしかいな...

  • 神戸市の交通事故に強い弁護士をお探しの方

    神戸市の交...

    交通事故に遭って、ご自身がケガをして治療費がかかったり、車などが壊...

  • 金融・投資詐欺

    金融・投資詐欺

    金融・投資詐欺とは、金融商品や投資商品を被害者に売りつけ、不当に利...

  • 相続放棄のメリット・デメリット

    相続放棄の...

    相続するかしないかは、相続人自身が決めることができます。そして、相...

  • 遺留分減殺請求

    遺留分減殺請求

    遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続...

ページトップへ