遺産分割協議・調停

かん法律事務所(兵庫県神戸市/三木市・小野市)|遺産分割協議・調停

  1. かん法律事務所 >
  2. 遺産相続 >
  3. 遺産分割協議・調停

遺産分割協議・調停

遺産分割協議とは、相続人の全員の合意で遺産の分け方(=遺産分割)を決めることをいい、遺言がなく、かつ相続人が2人以上いる場合は必ず行われます。また、遺言がある場合でも、「Aに2分の1、Bに2分の1」というように相続割合の指定のみの場合や、一部の財産についてのみ指定している場合は、遺産分割協議が必要となります。

遺産分割協議自体は特に期限・時効はありませんが、相続税の申告の際に協議に基づいた遺産分割協議書が必要になるので、相続税の課税対象者は申告期限(相続開始から10か月)に間に合うよう早めに進めましょう。

遺産分割協議の成立には相続人全員の合意が必要で、一人でも合意しなければ無効になります。そのため、何度話し合っても遺産分与の方法が決まらない場合は、家庭裁判所の調停を利用することが有効です。調停を利用する際は調停申立書を家庭裁判所に提出します。

調停では、家事審判と調停委員の仲介のもと、相続人同士の話し合いによって解決することを目指し、ここで合意が得られると遺産分割協議書の代わりとなる調停調書が作成されます。しかし、調停でもうまくいかない場合は法的拘束力のある審判に自動的に移行します。審判では、財産の種類や相続人の年齢、生活状況などを踏まえて、最終的に家事審判官が分割方法の決定を下し、その際、遺産分割協議に代わる審判書が作成されます。

かん法律事務所は、遺言書の作成や遺言の執行、相続人の調査など遺言相続に関するご相談を承っております。ご相談の際は、依頼者様のお気持ちを共有した上で、冷静に、最も有利な条件での解決策をご提案し、その実現に向けて最大限の力を尽くすことをお約束します。
神戸市をはじめ、三木市や小野市などで様々な法律相談を承っておりますので、お近くにお住まいの方はお気軽に当事務所までお尋ねください。

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 国際・外国人問題

    国際・外国人問題

    国際問題や外国人問題は、在留資格との関係や外国法・条約等との関係か...

  • 離婚回避

    離婚回避

    結婚生活を続けていると多少のすれ違いや喧嘩はつきものですが、配偶者...

  • 個人再生の必要書類とは

    個人再生の...

    個人再生とは、裁判所に申し立てをして、借金の元本を大幅に減額しても...

  • 離婚の種類と手続き

    離婚の種類...

    離婚の種類は6つあります。離婚の種類と手続きを簡潔にご紹介しましょ...

  • 離婚と子供

    離婚と子供

    離婚によって夫婦関係は解消されても、子供の父母であるという事実は変...

  • 退職金と年金分割

    退職金と年金分割

    離婚の際に考えておかなければならないこととして、退職金と年金分割の...

  • 相続登記・名義変更

    相続登記・...

    遺産分割協議が合意に至った後、相続により取得した財産の名義変更また...

  • 不貞行為

    不貞行為

    不貞行為とは、配偶者以外の者と性的な関係を持つこと、つまり、セック...

  • 人身事故

    人身事故

    人身事故とは、人が怪我を負った場合を指します。 人身事故に関して...

ページトップへ