遺産相続

遺産相続に関する離婚、相続、家事事件の対応はかん法律事務所にお任せ下さい。

  1. かん法律事務所 >
  2. 遺産相続
遺産相続

相続とは、故人が所有していた財産を、法律で定める一定の親族が引き継ぐことを言い、この時の故人を被相続人、相続により財産を引き継ぐ人を相続人といいます。
また、被相続人から相続人に引き継がれる財産を相続財産または遺産といいます。

相続財産の対象となるのは、不動産や株などのプラスの財産だけでなく、借金やローンなどのマイナスの財産も対象となります。そのため、相続をするかしないかの判断をする前に、被相続人の財産を調査し、財産目録を作成してプラスの財産とマイナスの財産の存在を明確化させる必要があるでしょう。

被相続人に遺言がある場合、遺言に基づいて財産を分割することになりますが、財産を引き継ぐ手続きは、財産目録の作成をはじめ、不動産の登記名義変更や預貯金の解約など様々な手続きを行わなければなりません。そのため、遺言の内容を忠実に実現する遺言執行者が必要になります。

遺言執行者は親族や友人に任せることもできますが、上記の手続は法的な知識を必要とするので法律専門家に依頼することも一案です。

かん法律事務所は、遺言書の作成や遺言の執行、相続人の調査など遺言相続に関するご相談を承っております。ご相談の際は、依頼者様のお気持ちを共有した上で、冷静に、最も有利な条件での解決策をご提案し、その実現に向けて最大限の力を尽くすことをお約束します。
神戸市をはじめ、三木市や小野市などで様々な法律相談を承っておりますので、お近くにお住まいの方はお気軽に当事務所までお尋ねください。 

遺産相続に関する基礎知識や事例
  • 遺言遺言

    遺言とは、故人の生前における意思を表したものをいい、それを書面にしたものが遺言書です。 遺言書には①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3種類があり、遺言者はこのいずれかの方法で遺言...

  • 遺言の作成遺言の作成

    遺言は満15歳以上で、意思能力があれば誰でも作成することができます。ただし、民法のルールに従って作成しないと無効になります。 遺言書には①自筆証書遺言、②公正証書遺言、③秘密証書遺言の3種類が...

  • 遺言の執行遺言の執行

    遺言の執行とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなどを行う行為をいい、これを行う者が遺言執行者です。遺言執行者は各相続人の代表として、被相続人の死後の遺産分割における財産目録の作成...

  • 遺産分割協議・調停遺産分割協議・調停

    遺産分割協議とは、相続人の全員の合意で遺産の分け方(=遺産分割)を決めることをいい、遺言がなく、かつ相続人が2人以上いる場合は必ず行われます。また、遺言がある場合でも、「Aに2分の1、Bに2分の...

  • 遺留分減殺請求遺留分減殺請求

    遺留分とは、被相続人の兄弟姉妹以外の相続人が、相続財産を最低限相続できる割合を言います。 そのため、例えば「全財産を愛人に譲る」というような遺言書があったとしても、相続人はその愛人から一定の金...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、相続開始後に、相続人が相続を拒否する、つまり相続財産のすべてを承継しない意思表示をいいます。 相続の対象となる財産は、何も家や土地、銀行預金などのプラスの財産だけではなく、親の借...

  • 相続人調査相続人調査

    「相続人」には、「実際に遺産を相続する人のこと」と「遺産を相続する権利のある人のこと」という2つの意味合いがあります。後者を特に法定相続人といい、権利があるだけで実際に相続するかどうかはわからな...

  • 相続登記・名義変更相続登記・名義変更

    遺産分割協議が合意に至った後、相続により取得した財産の名義変更または解約手続きをしなければなりません。 名義変更は義務ではありませんが、被相続人名義のままにしておくと、売却をしたり、不動産を担...

  • 相続のための事前準備相続のための事前準備

    相続でトラブルを生じさせないためにも、事前に相続対策を行っておくことが大切です。 相続対策には、「遺産分割対策」、「納税資金対策」、「節税対策」の3つがあります。必ずしもすべての対策を行う必要...

  • 相続放棄のメリット・デメリット相続放棄のメリット・デメリット

    相続するかしないかは、相続人自身が決めることができます。そして、相続放棄を検討している場合であれば、相続放棄のメリット・デメリットについてよく理解しておく必要があるでしょう。 相続放棄のメリッ...

  • 相続放棄の期限相続放棄の期限

    相続放棄をするかどうかは、被相続人の死亡の時から(相続開始から)ではなく、「相続の開始を知ってから(自分が相続人になったことを知ってから)」3ヶ月以内に決めなければなりません(民法915条1項本...

  • 相続放棄の流れ相続放棄の流れ

    相続開始後の手続きとして、まず被相続人がどのような財産を有しているかを判断するために、財産調査を行いましょう。 そして、調査の結果、借金やローンなどのマイナスの財産が多いようであれば、相続放棄...

  • 遺産の範囲遺産の範囲

    相続財産と聞くと、土地や預貯金などの目に見える財産を想像する方が多いですが、このような目に見える財産だけでなく、借家権や特許権などの財産的な価値がある権利も相続の対象となります。 また、上記の...

  • 代襲相続代襲相続

    「代襲相続」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 代襲相続というのは、本来相続人になるはずだった血族が死亡などの事情により相続権を失った場合に、その子どもや孫が代わって相続人となることを意...

  • 成年後見成年後見

    認知症や精神障害などで判断能力が低下した場合、その人が所有している財産を代わりに管理してあげたり、手続きなどを代わりにしてあげたりして、その人の生活を支援してあげることが必要です。このように判断...

  • 相続法(民法)改正の変更点相続法(民法)改正の変更点

    平成30年に相続法が大きく改正されました。この改正により変更された点について以下でご紹介します。 ◆配偶者居住権 今回の改正で、相続開始時に被相続人の配偶者が被相続人の所有する建物に居住してい...

  • 正しい遺言書の開封手続きとは正しい遺言書の開封手続きとは

    遺言書は、手続きなしに勝手に開封してはいけません。なぜなら、遺言書を勝手に開封してしまうと法律違反となって罰金が科せられおそれがあるからです。 開封しても遺言の効力は失いませんが、偽造されていな...

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 物損事故

    物損事故

    物損事故とは、物のみが壊れ、人がけがをしなかった場合を指します。 ...

  • 教育費

    教育費

    離婚をする際、未成年の子供がいる場合は養育費を決めることが必要にな...

  • 不貞行為

    不貞行為

    不貞行為とは、配偶者以外の者と性的な関係を持つこと、つまり、セック...

  • ワンクリック詐欺・架空請求

    ワンクリッ...

    ワンクリック詐欺や架空請求詐欺は、インターネットにおける被害が割合...

  • 訪問販売

    訪問販売

    訪問販売とは、販売業者が一方的に消費者の自宅などに訪問し、商品を売...

  • 離婚調停の陳述書とは

    離婚調停の...

    離婚調停においては、調停委員に陳述書を提出することが可能です。 「...

  • 離婚で持ち家を財産分与する際の手続き方法

    離婚で持ち...

    離婚を成立させる際、ほとんどの場合において行われるのが「財産分与」...

  • 後遺障害

    後遺障害

    後遺障害は交通事故における賠償額を決めるうえで大きな影響を及ぼすも...

  • 国際相続

    国際相続

    国際相続とは、海外不動産を所有している場合や、海外口座(海外預金)...

ページトップへ