物損事故

かん法律事務所(兵庫県神戸市/三木市・小野市)|物損事故

  1. かん法律事務所 >
  2. 交通事故 >
  3. 物損事故

物損事故

物損事故とは、物のみが壊れ、人がけがをしなかった場合を指します。

事故が起きた当初は怪我がないとされていても、あとから怪我が分かった場合(むちうちなどの症状が後からわかった場合)には物損事故から人身事故へと切り変わることもあります。物損事故の場合には基本的には違反に伴う減点はありません。しかし、他人の車にぶつけてしまったが逃げた場合などは、道路交通法上、「安全運転義務違反」の2点と、「危険防止措置義務違反(あて逃げ)」の付加点数5点が加算されることになります。自宅や自分のものを壊してしまったなどの場合以外の、他人の物を壊してしまったときには必ず警察に通報しましょう(道路交通法の措置義務であるため)。

警察に通報した後は刑事上の罰はないため、個人間の民事上の争いとなります。この場合、加害者は壊してしまったものに対して賠償をすることになりますが、慰謝料等は請求されないのが原則となります。

かん法律事務所が提供する基礎知識

  • 民事執行法の改正で養育費の請求がしやすくなる?

    民事執行法...

    「離婚時に養育費の支払いを取り決めたのに、その後支払いが途切れてし...

  • 国際離婚を弁護士に依頼するメリット

    国際離婚を...

    ■国際離婚とは 国際離婚には、いくつかのパターンが考えられます。夫...

  • 任意整理

    任意整理

    任意整理とは、債務整理の方法の一種で、債権者(貸金業者)と債務者(...

  • 訪問販売

    訪問販売

    訪問販売とは、販売業者が一方的に消費者の自宅などに訪問し、商品を売...

  • 借金・浪費

    借金・浪費

    離婚理由の中で意外と多いのが夫婦のお金の価値観の違いです。それが原...

  • 国際離婚

    国際離婚

    国際離婚は複雑なトラブルとなることが多く、特に親権の問題で揉めるこ...

  • 出会い系アプリ詐欺の時効

    出会い系ア...

    出会い系アプリや出会い系サイトはいくつかありますが、サクラしかいな...

  • 遺言の執行

    遺言の執行

    遺言の執行とは、遺言の内容を正確に実現させるために必要な手続きなど...

  • 代襲相続

    代襲相続

    「代襲相続」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 代襲相続と...

ページトップへ